【最新刊】渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か

渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か

著者:上田正昭

1,584円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「帰化」と「渡来」の語を明確に区分、古代史に風穴をあけた泰斗による、「渡来人と渡来文化」の集大成。近年の発掘調査の成果も踏まえ、古代国家形成にかかわる渡来を東アジアという視点でダイナミックに提示する。※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/31
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    • 2016/02/22Posted by ブクログ

      上田正昭氏が昭和40年出版した『帰化人』以後の研究成果をまとめた本である。
      内容は
      序章 帰化と渡来と
      第一部 渡来人の諸相
       第1章 日本版中華思想
       第2章 秦氏の活躍
       第3章 漢氏の行動
       第...

      続きを読む
    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か
      上田正昭
      角川選書
      平成二十五年六月二十日 初版発行
      ISBN978-4-04-703526-3 C0321

      序章 帰化と渡来と
      第Ⅰ部 渡来人の諸相
      ...

      続きを読む

    セーフモード