角川インターネット講座3 デジタル時代の知識創造 変容する著作権

監修:長尾真

2,200円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    電子化による集積がすすむ人類の知は、新たな創造を刺激する開かれた情報資産となりうるのか?図書館、出版、電子メディア、そして著作権制度の視点から、情報共有と知的生産の行方を問う。■執筆者情報《第一部知の共有と著作者の権利》序章知識・情報の活用と著作権長尾真(元京都大学総長、前国立国会図書館館長、京都大学名誉教授)第1章インターネット時代の著作権制度中山信弘(明治大学特任教授、東京大学名誉教授、弁護士)第2章万人が著作者の時代名和小太郎(情報セキュリティ大学院大学セキュアシステム研究所特別研究員)第3章デジタルアーカイブのオープン化と著作権の新時代岡本真(アカデミック・リソース・ガイド株式会社代表取締役/プロデューサー)《第二部出版と知識創造の未来》第4章電子書籍とは何か?萩野正昭(株式会社ボイジャー取締役)第5章情報共有時代の社会制度歌田明弘(大正大学表現学部教授)第6章ウェブと電子書籍は、作品と作者をどう変えたか仲俣暁生(文芸評論家、編集者)第7章デジタルアーカイブとは何か杉本重雄(筑波大学図書館情報メディア系教授)第8章メタ複製技術時代の〈世界脳〉遠藤薫(学習院大学法学部教授)第9章デジタルの衝撃と文化のサスティナビリティ吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長、東京大学文書館副館長)※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。

    続きを読む
    • 角川インターネット講座 全 16 巻

      未購入巻をまとめて購入

      角川インターネット講座 全 16 巻

      33,000円(税込)
      330pt獲得

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      Webに限らずコンテンツ産業に関わる人は一読しておいたほうが良い書籍だと思います。様々な角度から出版や著作権の変遷について論じられています。

    • 2016/07/11Posted by ブクログ

      各分野エースによる講座集。関心分野である著作権法制が多角的な観点から解説されている。各講座に参考文献が挙げられているため、この本を起点に深めることも可能だ。また読み直したい。

    • 2016/04/04Posted by ブクログ

      著作権について
      デジタル時代には新たな表示(主張)の方法が必要な様である
      アーカイブとして 現在過去の本などを公共利用するためのグーテンベルグ計画 というのがある
      複製を目的とした デジタル作品
      f...

      続きを読む

    セーフモード