警察官の現場 ノンキャリ警察官という生き方

著者:犀川博正

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ノンキャリア刑事として、31年間見つめつづけた、警察の素顔。点数ノルマ、過酷な労働条件、不当な評価システム、身内のかばいあい・・・虚無的、閉鎖的状況で、次第に警察官達の志が腐敗してを行く様をドキュメント。

    続きを読む

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/22Posted by ブクログ

      著者の警察官時代の話が書かれています。

      とにもかくにも上下関係がものを言う組織で面倒だな~と思いました。
      それに警察にノルマというのも似合わない気がします。

      それにしても元警察官からもディスられる...

      続きを読む
    • 2012/05/20Posted by ブクログ

      元警視庁の刑事だった著者が、自身の体験を踏まえ、警察組織のあり方について考えた本。
      最初は警察組織の不祥事について糾弾する本かと思ったのですが、半分以上は警察官時代の苦労話でした。ただなんの脚色もされ...

      続きを読む

    セーフモード