白球の約束 高校野球監督になったプロ野球選手たち

著者:本郷陽一

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大越基、大野久、杉本友、佐野心、酒井弘樹、後原富。プロ野球選手として戦力外通告を受けた彼らは、第2の人生で高校野球指導者の道を選んだ。栄光からの転落と再生への苦闘を描いた本格スポーツノンフィクション。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2014/01/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/01/09Posted by ブクログ

      野球を楽しむ、甲子園はあくまでも結果と言い切る佐野心の考え方に好感が持てた。一方で元プロだからこそ学校からは甲子園を当たり前のように期待され、それに応えねばならないというプレッシャーも切々と感じる。 ...

      続きを読む
    • 2012/10/20Posted by ブクログ

      インタビューを受けた六人それぞれの幅はあるのですが
      いかにもな体育会系的な感覚が受け入れづらかったです。

      管理する為に全員の携帯を解約させたり校則違反したものを引きずり回して怒鳴りつけたり、
      部を辞...

      続きを読む
    開く

    セーフモード