エピタフ

著者:あせごのまん

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幼馴染の一家にまつわる哀しい死の真相に迫る「墓碑銘」、三つの願いを叶えてくれる猿を巡る騒動を描く「ニホンザルの手」、貧しい男が新興宗教の教祖に祭上げられてゆく「憑」を収録。ホラー大賞短編賞受賞第一作!

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    6
    5
    1
    4
    0
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/28Posted by ブクログ

      ホラー文庫の昔からの読者には、ある意味ホラー文庫らしかった頃の作品。昨今はこういうタイプのお話は賞を獲りにくくなっているみたいですね。神経の一本一本にまとわりついてくるような恐怖は、やはり和製ホラーが...

      続きを読む
    • 2016/04/29Posted by ブクログ

      2016年、14冊目は第12回日本ホラー小説大賞短編賞授賞作家の授賞後、第一作目。表題作「エピタフ」「ニホンザルの手」「憑」の3編収録。

      エピタフ:幼い頃育った山村へ、卒論のための調査に行った大学生...

      続きを読む
    • 2012/02/29Posted by ブクログ

      恐怖小説短編3本セット。

      エグい描写が結構多めですが、それなりに面白かったですね。

      二本目の「ニホンザルの手」の主役の女のキレっぷり、こわれっぷりが一番インパクトありでした。

    開く

    セーフモード