図解 使えるマクロ経済学

著者:菅原晃

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時代を読みとくための「一生モノのモノサシ」が身につきます!「貿易赤字は損?」「日本の借金は世界最悪?」日本にはびこるこんな誤解がとけるだけでも、ホンモノの経済学に触れる価値があります。

    続きを読む

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/16Posted by ブクログ

      経済の基礎の勉強にと思って買いましたが、内容に一部、納得のいかない部分がありました。プライマリーバランス黒字化の為に消費税増税が望ましいとありますが、消費税増税の悪影響には全く触れられていません。国債...

      続きを読む
    • 2015/03/03Posted by ブクログ

      前作の『高校生からわかるマクロ・ミクロ経済学』よりも分かりにくい感覚。見開き1テーマという構成がほとんどだが、それに納めるために説明が不足しているようなだ。

    • 2015/01/19Posted by ブクログ

      トマ・ピケティに取り組むための準備運動と思って読み始めた。頭の整理にちょうど良かったし、いわゆる「トンデモ経済学」のどこが間違っているのかもクリアになった。

    セーフモード