送り屋 ―死者を送る優しく不器用な人たち―

著者:御堂彰彦

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    想いを残して不慮の死を遂げた人たち。調査員はその死の真実を探ろうとする。“死者”本人から聞き取ることによって。行定事故調査事務所──保険会社などの依頼により、事件性や事故の有無を調査する。よそと違うのは、調査員に一つの才能があるということ。死者と話せる彼らは、今は亡き人たちの願いを知り、叶え、送ろうとする。自分の葬式に行きたいという少女。君なしでは生きていけないという恋人の言葉を心頼みにする女性──。それは、謎めいたものあり、切実なものあり。不器用で、そして優しい送り屋の物語。

    続きを読む
    • 送り屋 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      送り屋 全 2 巻

      1,254円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    3.4
    7
    5
    1
    4
    2
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/25Posted by ブクログ

      霊が視える人達ばかりの調査会社で
      見習いをしている主人公。
      ここで働いているのは、ある目的のため。

      見習いになって初めての仕事、見習いになる前
      指導員不在で別の上司との仕事、の3話。
      本人に死んだ時...

      続きを読む
    • 2017/09/21Posted by ブクログ

      読みやすく、なんだか優しい話でした。
      幽霊扱ってるけど今のところホラー感はありません。

      主人公が境遇のせいか、なんとも感情移入のしづらい人ではありましたが
      話を通して成長のようなものを感じられ、
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/04/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード