三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事

著者:百波秋丸

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    とある総合商社のお荷物部署・グループリソースメンテナンス課。毎夜、会社の経費でムダな食事を繰り返しているというウワサから、人はそこを「グルメ課」と呼ぶのだった。入社1年目の新米経理部員・山崎ひなの。彼女はグルメ課の浪費実態を調査すべく、1ヶ月限定で異動を命じられるが、案の定そこは社会人らしからぬ人々の巣窟だった……。一刻も早く課をつぶそうと、彼らの食事会に潜入するひなのだったが、そこには意外なミッションが隠されていて――。個性豊かな実在の飲食店&メニューが悩める社員を救う。読めば読むほどに味の出る、熱くて美味しいお仕事ストーリー!

    続きを読む
    • 三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      三ツ星商事グルメ課のおいしい仕事 全 3 巻

      1,925円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    3.1
    26
    5
    1
    4
    8
    3
    12
    2
    3
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/12/13Posted by ブクログ

      図書館で。
      う~ん。なんて言うのか、色々と設定が自分的にナイワーという感じ。
      特に主人公が社会人としてあるまじき行動ばかりとるのが不快。新入社員が定時帰社は良いけど、11時出勤がザラとかありえない。3...

      続きを読む
    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      「煙まみれのファッションショー」
      何を言ってものらりくらりかわされる。
      彼女の言い分も分かるが、上司一人の権限で決めれる計画で無かったうえ反対派の方が多かったからこそ時間が欲しかったのだろうな。

      ...

      続きを読む
    • 2019/02/01Posted by ブクログ

      本当にこんな部署があったらな……
      と思いながら読んでいました。
      物語に出てくるお店に今度行ってみようと思います。

    開く

    セーフモード