本土決戦幻想 コロネット作戦編―昭和史の大河を往く〈第8集〉

保阪正康

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和21年3月1日、相模湾、九十九里浜に米軍上陸、目標は東京。現実に計画されていた作戦から、米ソに分断占領されるあり得たもう一つの日本を予測する。<目次>マッカーサーの野心とコロネット作戦昭和二十一年三月一日、米軍関東上陸──コロネット作戦相模湾へ上陸するアメリカ第八軍と守る日本第五十三軍あってはならない戦い──勝算なき「関東決戦」あの戦争の終末点──本土決戦という「敗戦のかたち」陸に上がった連合艦隊司令部──日吉台地下壕戦艦大和の最期と日吉台連合艦隊司令部渡邉恒雄二等兵が相模湾で夢見た「空想」松代大本営内の昭和天皇の「御座所」軍が守るべきものは何か──スイスと日本の違い終戦への道を模索する鈴木内閣と本土決戦派の確執鈴木貫太郎の終戦への固い決意九十九里浜を望む山中に残るトーチカ跡本土決戦前夜、勤労動員生徒と学徒兵の証言一九四五年八月の日米の市民たちの感情竹槍三〇〇万本あれば日本は防衛できる?「竹槍では間に合わぬ」──東條首相?毎日新聞「国民総玉砕願望」としての本土決戦米ソに分断された二つの「日本」「大量自死の悪夢」として記憶される本土決戦あとがきに代えて──国民を不条理な死に追いやる史上最悪の作戦

    続きを読む
    • 昭和史の大河を往く 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      昭和史の大河を往く 全 13 巻

      11,440円(税込)
      114pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード