本土決戦幻想 オリンピック作戦編―昭和史の大河を往く〈第7集〉

保阪正康

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和20年11月1日、米軍、鹿児島、宮崎3地点に上陸!起こりえた一億総特攻に至る本土決戦計画を現地取材で検証し、あの戦争の意味を問う。<目次>本土決戦幻想オリンピック作戦編もし、あの戦争が八月十五日で終わらなかったなら玉音放送録音盤奪取、宮中占拠計画昭和二十年十一月一日、米軍、南九州上陸──オリンピック作戦日本本土侵攻の戦死者数予測に震撼した連合国首脳日本本土上陸作戦を見抜いていた情報参謀・堀栄三志布志湾に残るトーチカ跡が伝える、起こり得た「現実」志布志湾から鹿屋、都城へ──十一月一日上陸以降の作戦吹上浜に立つ──第二総軍司令官・畑俊六の心中知覧の陰に隠れた特攻基地──万世陸軍航空基地一枚の写真が伝える少年特攻隊員たちの心情松代大本営から発せられる本土決戦派政権からの命令人間爆弾“桜花”という凶器民間人にも戦闘を強要する“一億総特攻”特攻基地から一転、鹿屋、知覧がB29の基地に特攻を涙で美化せず、犬死と謗らず特攻隊員を見送る知覧の人々の思い愚劣なりし日本よ──蒼穹に散ったパイロットの詩天皇と内閣は人質──松代大本営の真の意味本土決戦が現実となる歴史の条件もはや戦える状態でなかった日本軍あとがきに代えて──オリンピック作戦からコロネット作戦へ

    続きを読む
    • 昭和史の大河を往く 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      昭和史の大河を往く 全 13 巻

      11,440円(税込)
      114pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード