そして官僚は生き残った 内務省、陸軍省、海軍省解体―昭和史の大河を往く〈第10集〉

保阪正康

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    最大の事業仕分け、GHQによる官庁中の官庁・内務省と巨大な人員を擁する陸軍省、海軍省の解体。だが官僚たちはしたたかだった。名とかたちを変え組織は残った。<目次>最後の陸相・下村定の未公開手記陸軍省消滅と下村陸相の国会での謝罪演説陸軍最後の日──昭和天皇と下村陸相の涙陸軍最後の日の皇居内──侍従武官の証言「公」のためと「私」のための自決なぜ俺が敗戦国の軍使に──河辺虎四郎の憂鬱敗戦は「我等軍人の罪」──自決したO大佐の真摯な反省“官庁中の官庁”内務省解体を目指すGHQ内務省解体とGHQ内部の確執“責任ある政府”──ケーディスの理想と内務省解体解体目前の内務官僚たちの心中──鈴木俊一の証言国家警察と自治体警察──警察改革を巡る攻防警察法改正──ゆきづまったアメリカ型警察制度内務省終焉──真に解体すべきは悪しき官僚制度海軍は開戦に反対していたという“神話”の誕生最後の海相・米内光政の訓示に込められた思い米内光政の見事な出処進退と消えた海軍の戦争責任戦後、一切の公職に就かなかった井上成美の生き方「三笠」艦上から海軍解体の日を思う特攻作戦の責任と海軍将官の自決海軍という理想郷のなかで消えた「勇断」警察予備隊創設と旧内務官僚と旧軍人の対立自衛隊の基礎を作った十一人の旧軍佐官クラスの任用そして官僚機構はかたちを変え、残ったあとがきに代えて──戦前、戦後とも責任をとることのない官僚組織

    続きを読む
    • 昭和史の大河を往く 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      昭和史の大河を往く 全 13 巻

      11,440円(税込)
      114pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード