仮説の昭和史(下)―昭和史の大河を往く〈第13集〉

保阪正康

880円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和史の第一人者が説くもう一つの日本の可能性。ミッドウェー海戦に勝利していれば、昭和天皇が終戦直後に退位していれば、日本は変わった?<目次>もし日本海軍がミッドウェー海戦で勝利していたらもし米軍のガダルカナル島上陸を本格的反撃と認識していたら山本五十六は自決したのか?もしアッツ島守備隊が玉砕の道を選ばなかったら絶対国防圏の欺瞞──もし知米派が作戦の中枢にいたら海軍乙事件──もし関係者を処罰していればもし秩父宮の東條の参謀総長兼任批判が表面化していればもしサイパンの民間人に投降勧告電報が打電されていればもし台湾沖航空戦の「大戦果」を訂正していればもし栗田艦隊がレイテ湾に突入していたらもし日本が原爆開発に成功していたらもし「大本営発表」が真実を告げていたらもし近衛上奏文の構想が実現していたらもし繆斌みよんひん工作から講和が実現していたらもし昭和天皇のバチカン和平工作が成功していたらもしソ連を仲介とした和平交渉で日本が手玉にとられなければもし日本が米ソに分割占領されていればもし「大本営発表」の虚偽が戦後、法廷で裁かれたならもし日本が「自主戦犯裁判」を開いていたらもし日本語のローマ字表記化が実行されていたらもし二・一ゼネストが決行されていたらもし昭和天皇が終戦後退位していたらもし占領期政策の継続を問う国民投票を実施していたらあとがきに代えて──あえて歴史に「もし」を持ちこんでみてわかること

    続きを読む
    • 昭和史の大河を往く 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      昭和史の大河を往く 全 13 巻

      11,440円(税込)
      114pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード