粉飾 特捜に狙われた元銀行員の告白

佐藤真言

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    全国から反響続々の経済事件ノンフィクション。電子版発刊にあたり、書き下ろしの<特別章>、郷原信郎弁護士との<巻末対談>を新たに収録!!*佐藤真言氏は6月30日に最高裁で上告が棄却され、懲役2年4ヵ月が確定。「私は刑務所に入ることなどしていない!」“粉飾詐欺”で懲役2年4ヵ月―最高裁で争う元銀行員が明かす、この国の検察、裁判所の矛盾。粉飾決算に手を染めざるをえない中小企業の現実に、真正面から踏み込んだ問題作。郷原信郎弁護士推薦!!今まさに上告審を争う厳しい状況の中で、一人の市民が実体験を基に書き下ろした、経済事件ノンフィクション。取調室における特捜検事との会話からは、粉飾決算に手を染めざるをえない日本の中小企業の実態と、事件を組み立てる検察の“独善的な論理”とのズレがありありと浮かび上がる。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード