日本の私鉄 京成電鉄

広岡友紀

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    社運を賭けた成田スカイアクセスで勝負!成田空港開港に振り回された歴史や東京ディズニーランドと京成の関係、懐かしの青電、赤電など、京成電鉄のすべて<目次>まえがき1京成電鉄のプロフィール成田スカイアクセスと不動産開発強化一株益は大手民鉄トップ昭和四十年代の経営多角化の余波東京ディズニーランドと京成の関係羽田空港再国際化と京成の今後2京成電鉄の歴史純血経営の歴史浅草への路線延長ならず戦前の電灯電力事業ハム、ソーセージから薬品まで陸軍との密接な関係戦後の沿線の都市化と地下鉄相互乗り入れ川崎財閥と京成ライバルはJR総武線3京成の車両懐かしの青電、赤電現有車両ほか4京成グループ新京成、北総、芝山、関東、筑波観光鉄道を傘下に三井との密接な関係京成百貨店、京成ホテル、ユアエルム成田空港は京成にとって“諸刃の剣”5広い京成圏なぜか茨城でホテル、百貨店、観光事業を展開京成は、京成であって京葉ではない6京成の情景阪神電車を思いださせるかつての京成不思議に思えた上野公園をくりぬいた京成上野駅ぜひとも上野に再びホテルを乱立する千葉県の第三セクター都交新宿線に乗り入れできていれば……上野、押上にターミナルとしての価値はあるか?観光資源が沿線にない弱点まぶしかった金文字のKeisei7京成沿線点描職住近接の沿線ちょっとした旅気分を味わってあとがき

    続きを読む
    • 日本の私鉄 全 10 巻

      未購入巻をまとめて購入

      日本の私鉄 全 10 巻

      5,500円(税込)
      55pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード