電気ちゃん

楠章子

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    超ダメ男「電気ちゃん」に拾われた16歳の家出少女・鳥子(とりこ)。乳がんの宣告をされた26歳OLの寿寿(じゅじゅ)。凄腕の料理で男を次々と部屋に誘う38歳バツイチのきみ夜。男性より女性を愛する超美人ホステス、紫(むらさき)。「電気ちゃん」という奇妙な縁に引きよせられたのは、生きることがあまり上手ではない女たち。ひとりぼっちの魂をそっと包み込む五つの物語。気鋭のスト―リーテラーによる鮮烈な渾身作!「魂が電気に触れたようだった。ぴりぴりと痺れる。痺れたその後、じんわりと温かく、豊かになっていく。そして、哀しくなっていく。鳥子、寿々、紫、きみ夜、電気ちゃん。一人一人の物語は孤独で異質で透明だ。この哀しさ、この澄んだ哀しさは、いったいなんだろう。そして、この強さは、なんだろう。一人一人の孤独が絡み合い、もつれ合い強く鮮やかな色彩を放つ。幼い鳥子がパレットの上に残した紫の色のようだ。人のもつ、物語のもつ、哀しみと強さがここにある。」――あさのあつこ<目次>電気ちゃん歯がたチョコレート種ざらめ

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード