終の住みかを考える 下

週刊エコノミスト編集部/小谷みどり/北村安樹子

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リタイア後の住みかを考えるとき、健康な場合と介護が必要な場合では全く違う。死期を迎える場所も、ホスピスや高齢者だけの街など、さまざまな選択肢がある。週刊エコノミストで2013年9月24日号から2014年7月8日号まで計40回にわたり連載した「終の住みかを考える」の後半部をまとめた本書では、「介護が必要になった時の住みか」と「どういう死を迎えるか」を紹介している。主な内容は以下Part3介護が必要になったら・どこで介護されるか・必要なお金・持ち家の賃貸化・サービス付き分譲住宅・サービス付き賃貸住宅・健康な人向け老人ホーム・特別養護老人ホーム・認知症・病院死の限界Part4どこで死を迎えるか・病院の霊安室・保証人がいない・欧米の尊厳死・高齢者だけの街・ホスピスで死ぬ・遺体のホテル・献体・ひつぎ・変わる墓・終活

    続きを読む
    • 終の住みかを考える 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      終の住みかを考える 全 2 巻

      440円(税込)
      4pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿
    [{"item_id":"A000335843","price":"220"}]

    セーフモード