中国のブタが世界を動かす-食の「資源戦争」最前線

柴田明夫

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界のブタ10億頭の半分は中国。そのブタが食糧を食べ、穀物相場が動き、世界各国を基金が襲う!日本の「食」は大丈夫か?<目次>はじめに────ブタが引き起こす世界の動向第一章ブタが世界の食のステージを変えた食料の値上がりが政権を転覆させる引き金に薄熙来の発言ピッグサイクルブタのイメージはなぜ悪い他第二章中国の爆食を支える流通変革雇用を生み出せなくなった国中進国の罠供給過剰への道成長に必要な食糧が足りない他第三章ブタが動かす世界の食糧調達市場世界の穀物の在庫の三分の一は中国に新たなステージに入った世界の食糧市場純輸入国に転じた中国のトウモロコシ他第四章二一世紀の食料危機とはなにか自然の反逆が始まった常態化する異常気象エルニーニョ/ラニーニャ現象インド洋ダイポールの発見他

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード