資本主義をとことん考えよう

週刊エコノミスト編集部/吉松崇/福田慎一/小原美紀/森口千晶/森信茂樹/中尾茂夫/深尾京司/湯元健治/川北稔/上川孝夫/岡崎哲二/橋爪大三郎/荒川章義/寺西重郎/大澤真幸/中林真幸/八嶋由香利

220円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    先進国を中心に長期停滞論が叫ばれ、拡大する貧富の差がその限界論を裏付けようとしている。「資本主義」というシステムは限界に達したのか。どこに問題があるのか。徹底検証した。本書は週刊エコノミスト8月12・19日合併号の特集「資本主義をとことん考えよう」をまとめた。主な内容Part1何が問題か・ピケティ理論で知る資本主義の本質・長期停滞論先国が直面する避けがたい限界・インタビューバリー・アイケングリーン教授・対談寺島実郎vs水野和夫・日本の現実速いスピードで若年層格差が刻化・120年実証研究日本も戦前は「格差社会」・法人税減税は有効か・タックスヘイブンの弊害・ピケティ理論と日本経済・日本経済の課題回復には生産性の向上が不可欠Part2歴史に学ぶ・資本主義の起源「英国」や「西欧」を超え「世界的」だった・グローバリゼーション覇権国の盛衰と金融危機を伴う・財閥が果たした役割企業統治と買収で資本市場を活性化・なぜキリスト教だけかウェーバーが説き明かした資本主義成立の条件・経済学は考える資本主義における「対立」と「不況」・アジアと欧米で違い経済成長の経路は同一ではないPart3秘話探訪・サッカーと初期資本主義・富岡製糸場―近代産業の原点・サグラダ・ファミリア教会のパトロン

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード