企業はなぜ危機対応に失敗するのか 相次ぐ「巨大不祥事」の核心

郷原信郎

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    みずほ銀行、阪急阪神ホテルズ、カネボウ化粧品……2013年に社会を揺るがした「巨大不祥事」の本質に迫る!かつてない重大なリスクにさらされる日本企業へ、コンプライアンスの第一人者による緊急書き下ろし!<目次>はじめに第一章二〇一三年に起きた「巨大不祥事」阪急阪神ホテルズ「食材偽装」問題「大企業のコンプライアンスの論理」の弊害みずほ銀行「暴力団員向け融資」問題カネボウ化粧品「白斑被害」問題ほか第二章社会環境の変化と不祥事「社会の要請に応えること」の困難さ「隠ぺい企業」批判で危機に瀕した不二家東日本大震災と九州電力「やらせメール」問題オリンパス損失隠し問題ほか第三章企業の危機対応の戦略危機対応における「フォーメーション分析」パロマ湯沸かし器事故問題をたどるみずほ銀行問題をフォーメーション的視点で考えるカネボウ化粧品問題をフォーメーション的視点で考える阪急阪神ホテルズ記者会見の混乱の原因不二家の「隠ぺい」をめぐる誤解を解くほか第四章企業をとりまく環境の変化をとらえる環境と社会の要請野村證券インサイダー取引事件JR西日本福知山線脱線事故新日本監査法人インサイダー取引事件ほかあとがき

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード