還暦からの電脳事始

高橋源一郎

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ぼくがiPadを買ったわけガラ携で充分だったはずなのに……遂にiPadの扉を開いてしまった!「アラ還」からはじまる、驚きと発見に充ちたデジタルとの日々。文壇のワープロ王子だったはずが……字が汚くて、書くのが遅く、ワープロがなかったら小説家にはなっていなかった、という著者。「ワープロで小説を書くなんて」――当時の文壇は電脳に否定的かつ閉鎖的だったけれど、そんな空気をものともせず、これ幸いとワープロを導入したタカハシさん。瞬く間に親指シフトを習得。締め切りの追われ、書き上げた原稿が消失しても、めげることなく、日々、作品を書き続けてきました。あのとき、時代の先端を行く「文学界のワープロ王子」ことタカハシさんも、気づけば還暦。スマフォやタブレット端末が台頭しても、二つ折り携帯で用は足りる、ツイッターも出来るし『電脳社会のガラパゴス島』にいても何不自由なく暮らしている。それでいい、と思っていたのだが……。ほんとうは羨ましかったんですそんなタカハシさんを変えたのは、小学生の息子たちの存在。説明書なしで、しかも、一夜にしてiPadを使いこなしてしまった!その場面に遭遇したとき……本当は気になって、知りたくて、羨ましかった、パンドラの箱だった「電脳の世界」の扉が開いてしまったのです。アイ、アイパッド……ください!ぼくは、いちばん親切そうで、優しそうな、女性スタッフを見つけ、走った。そして、彼女に向かって叫んだ。「アイ……アイパッド、ください!」なんか、ちょっと、愛の告白みたいだった。(本文より)「デジタルなんて」と敬遠しがちな人も、「今からでも大丈夫」と勇気づけられること、間違いなし!

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード