【最新刊】編集者という病い

編集者という病い

見城徹

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    僕はこうやって生きてきた――出版界に大旋風を巻き起こす見城徹(幻冬舎社長)の仕事・人生の総決算の書。「顰蹙は金を出してでも買え!」「薄氷を薄くして踏み抜け」など過激なスローガンを掲げて見城徹が創立した幻冬舎は、驚異的成長を続け、沈滞する文芸出版界に強烈な衝撃を与え続けている。その総帥の著者が、半生の生き方と仕事の仕方を振り返り、七転八倒と感動と苦悩の日々を惜しみなく書き綴った類希な人生の書。勇気と感動、悲惨と栄光、この本には人間の情動のすべてが詰め込まれている。尾崎豊との出会いー仕事ー別れに始まり、坂本龍一、石原慎太郎、村上龍、五木寛之、中上健次、松任谷由実、など綺羅星の如く並ぶ物書きたちとの深い交流とドラマチックな日々。現役の編集者が作家たちの素顔をここまで踏み込んで書いたことはないだろう。誰よりも深い劣等感を抱く著者が、誰にも負けない努力と情熱を傾けて戦い続けた日々を感動的に描き出す、人生記録の白眉がここに誕生した。老若男女に関わらず、表現と文学と感動にこだわるすべての人々への無上の贈り物。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/24

    レビュー

    • 編集者という病い2007/04/23Posted by ブクログ

       見城徹さんの「編集者という病、は、読み始めたらやめられなかった。
      角川で本の仕事をはじめて、幻冬舎を設立してすぐからたて続けにベストセラーを出している出版編集者とは知っていた。お寿司屋さんで何度かお...

      続きを読む
    • 編集者という病い2009/05/04Posted by ブクログ

      購入

      中でも尾崎豊とのエピソードは骨を揺さぶられる感覚。
      破滅する人に付き合うには見合う覚悟が必要。

      見城さんの仕事術についても、彼のやり方に頭が下がる。
      「この人はと思った相手が俺に百の頼みごと...

      続きを読む
    • 編集者という病い2012/01/14Posted by ブクログ

      敏腕編集者にして幻冬舎社長・見城徹の編集人生を綴った本。林真理子を見出した編集者、という位の認識だったのに、錚々たる作家たちと、誰もが知っているミリオンセラーを生み出していく過程と覚悟の語りは壮絶で、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード