身ぶりとしての抵抗

鶴見俊輔/黒川創

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    「しゃべるところ以上のところにふみだすことが、しゃべることを保つためにも必要だ。」戦時下の抵抗、ハンセン病の人びととの交流、ベ平連、朝鮮人・韓国人との共生…。さまざまな行動の現場にコミットし続けてきた鶴見俊輔。その思考と身ぶりの軌跡を初めてまとめたコレクション。文庫オリジナル。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード