よしなが酒店クロニクル

山田佳江

217円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!※livedoorBlog&impressQuickBooks主催・2014年3月結果発表。応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。●よしなが酒店クロニクルヒロインは未亡人(10才)<あらすじ>2013年11月、小学生の高木亨の元に金色の錠前が届く。それは1985年への扉を開く道具だった。いつもの公園はいつもと様子が違い、2013年では寂れている「よしなが酒店」は賑わっていた。1985年の公園で、亨はオーちゃんやサユと出会い、未来を変えることができるのかも知れないと奔走する。<審査時の講評より>ノスタルジックな雰囲気がよく表現されている。テーマが一貫していて、舞台設定、人物設定、小道具の使い方もとてもうまい。描写力が非常にある作家。天性のものでしょう。<著者>山田佳江(やまだよしえ)1974年生まれ。福岡県出身。インターネットの片隅で小説を書き続けて十数年。代表作に「未来少女ミウ」「リーディング・ナイフ」など。主な燃料は卵かけご飯。公式サイトhttp://yo4eyamada.wordpress.com/ツイッター@yo4e<表紙イラスト>okadaerk

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード