煮干し少女と悪のロマン

高波一乱

217円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!※livedoorBlog&impressQuickBooks主催・2014年3月結果発表。応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。●煮干し少女と悪のロマン千里の道も一本の煮干しから<あらすじ>「ニーボニボニボ!怪人煮干し少女、ここに誕生だニボ!」正義のヒーロー『セイントコード』を倒すために、世界征服を目論む悪の秘密組織『イビルロマンチカ』が生み出した怪人・煮干し少女。しかしその姿は、煮干しのキグルミから女の子が顔を出しているだけという、あまりにお粗末な出来だった。十六歳の若き総統・神代進は、即座の解体処分を宣告する。必死の抵抗をする煮干し少女は、二十四時間以内にセイントコードの髪の毛を手に入れるという条件で何とか処分を免れた。次々と襲い掛かる試練を乗り越えて、煮干し少女は正式な怪人として認められることが出来るのだろうか。<審査時の講評より>総合的な力があり、コント作りの才能がある作者。メディア展開しやすいキャラクターと舞台設定。文章力もあり、キャラクターの裏設定も生きている。続編や改訂版にも期待ができる。<著者>高波一乱(たかなみ・いちらん)神奈川県出身、東京都在住。社会の荒波に揉まれて苦しむ、どこにでもいるごく普通の小魚だったが、このほどライトノベルという釣り針に引っかかってしまう。煮られるも焼かれるも自分次第なこの世界で、自らに最適な調理法を探す毎日。ブログ『売れるラノベを書きたい!≪高波一乱の創作日記≫』http://takanami.blog.jp/<表紙イラスト>遊音まいあ

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード