拐われチドリと偽りカイマン

伊織千景

217円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!※livedoorBlog&impressQuickBooks主催・2014年3月結果発表。応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。●拐われチドリと偽りカイマン戒ムレバ悪ガ満チ、鳥ノ羽ニハ血ノ華ガ咲ク<あらすじ>この頃巷で流行るもの辻斬強盗人さらい追い剥ぎイカサマ高利貸し山里離れた森のなか逃げる少女の名はチドリどうして彼女は逃げるのかそれは読んでのお楽しみ道理も理屈もありゃしない悪逆非道が世の常ならばあがいてもがいて生き抜いて咲かせてみせよう悪の華。悪漢譚(ピカレスク)の時代劇死して屍拾う者なし<審査時の講評より>チドリの『正義』に対する台詞は、ヘタをすれば説教臭くなったり嫌みに聞こえたりする危険性があるが、キャラが心から語っているように感じられた。もう一度読み返してみようと読者に思わせたり、この先の展開を想像させたりと、後を引く良い終わり方をしている。<著者>伊織千景(いおりちかげ)長崎生まれのインド育ちで東京在住。ペンネームは千話くらい小説を書きたいという願望から。おとなしく百景くらいにしておけばよかった気がしないでもない。ブログ:http://minpounyumon.blog18.fc2.com/ツイッター:@iori_chikage<表紙イラスト>okadaerk

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード