そして愚者は微笑んだ

森守弥仁

217円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!※livedoorBlog&impressQuickBooks主催・2014年3月結果発表。応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。●そして愚者は微笑んだ―夏の終わりの探し物―<あらすじ>ある理由から学校に通えなくなった高校一年生の浅葱湊は、両親の経営する喫茶店にいた。常連客や同級生の会話から、幼なじみの水野夏帆に危険が迫っていることに気づく。そしてその犯人は…<審査時の講評より>持っている透明な雰囲気感、あっさりとして読みやすい文章力、キャラクターの後ろに見え隠れするものなどはとても良い。続編を作者が考えている可能性があるので、今後にも期待。<著者>森守弥仁(もりすひさひと)神奈川県生まれ。R134沿いの景色と江ノ電をこよなく愛しつつも愛知県在住。森守弥仁はモーリス・ミニ(MINI)のもじり。ストーリーテラーに憧れ、2005年より作詞家(別名義)として活動を続けながら2014年『そして愚者は微笑んだ?夏の終わりの探し物?』で作家デビュー。?子供から大人まで楽しめる小説、そして聞いた人が元気になれるような歌詞を書けるよう精進します。Twitter:@morris_novelnote:http://note.mu/morris_novel<表紙イラスト>綾辻

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード