空間メディア入門―僕たちは空間を使って何ができるのか

平野暁臣

1,782円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「六本木ヒルズアリーナ」「岡本太郎〈明日の神話〉再生プロジェクト」を仕掛けたカリスマプロデューサーの渾身の書き下ろし。空間というメディアだけが実現できるコミュニケーションとはなにか。国内から海外、万博から葬儀まで手掛けてきた空間づくりの達人が解き明かす、ウェブ時代の「空間を使いこなす発想と技術」とは?

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/05/05Posted by ブクログ

      目からうろことは正にこの事。情報価値の変化を俯瞰しながら、その中で空間メディアが担うべき役割は何かを考えている。空間でしか出来ない「追体験」つまり「自分事になる」という感覚の共有を生み出せるのが、空間...

      続きを読む
    • 2010/06/24Posted by ブクログ

      【読書メモ】

      ●このイベントはなぜ空間で語ることができたのか。それは三つの特質を備えていたからです。「空間性」「身体性」「参加性」の三つです。

      ・空間性:三次元の空間の特性を生かした情報環境が作ら...

      続きを読む
    • 2010/11/01Posted by ブクログ

      岡本太郎ネタがたくさん。

      空間メディアの機能とは、

      1、体験を通して実感を伝える
      2、対話を通して関係をつくる
      3、触発を通して発見を促す

      こと。

    開く
    [{"item_id":"A000335392","price":"1782"}]

    セーフモード