社長、辞めます!

著:荻島央江

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2012年、激減のテレビ市場。テレビが主力商品だったジャパネットたかたの業績もダウン。同年末、高田明社長は業績回復できなければ辞めると覚悟します。2013年、社長もですが、その決断に社員たちも覚悟の奮起。放送スタジオ・受注拠点の拡充を進める中で、社員は自ら考え行動し、商材発掘・発信力を高めました。この全社一丸の奮闘は、なんと最高益をたたき出すことに。高田明が辞めればダメになると揶揄されがちなジャパネットが、通販業の真の成長軌道に乗っていく365日の舞台裏を克明にリポートします。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    7
    5
    2
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/16Posted by ブクログ

      突然、「辞めます」宣言をした高田社長。ジャパネットといえば高田社長というアイコン的存在にまでなったのに、辞めます宣言をしたねらいとは?
      企業の再生が学べますし、読み終わるころには、スカッとした気持ちに...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/08/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/02/16Posted by ブクログ

      通販といえば、面白い商品を紹介している、話の上手な社長で売れているんだろう、くらいにしか思っていなかったのですが、ジャパネットという会社が、まさに電話一本で新しい生活を、社会を実現していくという信念を...

      続きを読む
    開く

    セーフモード