村上春樹・塔と海の彼方に

著:小林正明

2,112円(税込)
1%獲得

21pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。フロイト/ラカンを基軸とした現代テクスト理論の成果。「村上春樹」の体系的な原理と方法が、疾走する文体によっていまここに生成する。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/01Posted by ブクログ

      テクスト論は大学時代に、ほんの端っこをかじった覚えがある。
      教わった人は、作品の書かれた時代のことなんかを背景に語っていたから、なるほどなぁと思ったものだけど。フロイトやラカンでも同じ事ができるのかぁ...

      続きを読む

    セーフモード