花のように、生きる。 美しく咲き、香り、実るための禅の教え

著:平井正修

1,056円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    禅では、人生を花にたとえます。花には欲がありません。ただ、咲いているのです。それだけの姿こそが美しく、見る人の心を豊かにします。迷いがあるときは、花の姿に自身を重ね、心をリセット。いまの豊かさに気づいてください。「何でもないようなことを、丁寧にしてみる」「まず、足元を見る」「絶望に陥ったときは、食べる。眠る」「姿勢を調える」「ここぞというときに、しゃべるのをこらえ、“間”に託す」「心のこもった笑顔を向ける」「苦労自慢をするのをやめる」など、人生が輝く85のヒントを紹介。大切なことほど、シンプル。解決策は、すぐ目の前にあるのです。坐禅会に申込者殺到。安倍晋三首相、中曽根康弘元首相も参禅する禅寺の住職から、悩める現代人へ、渾身のメッセージ。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/01/18Posted by ブクログ

      この著者の本は初めて読みましたが
      いいですねえ

      小池龍之介や草薙龍瞬とは
      また違う

      ブッダや禅を語る人は
      それぞれ個性があって面白い

      P45「悟臭」という言葉を
      初めて知った

      P34ほんとうの...

      続きを読む
    • 2016/01/10Posted by ブクログ

      どんな花も、その命を一所懸命に、精いっぱいに、そこに現じています。今日はちょっとかったるいから、少々、手を抜いて咲くことにするか、今年は花見客が多いから、いつもより艶やかに咲いてみるか、といったことは...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/12/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード