【最新刊】アドリアン・イングリッシュ(5) 瞑き流れ

アドリアン・イングリッシュ

著:ジョシュ・ラニヨン 訳:冬斗亜紀 画:草間さかえ

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    撃たれた左肩と心臓の手術を終えて「クローク&ダガー」に戻ってきたアドリアンはジェイクとの関係をどうしたらいいか迷っていた。次第に体調も回復してきたある日、改築していた店の同じ建物から古い死体が発見される。それは50年前に失踪したジャズミュージシャンの変わり果てた姿だった。 アドリアンはジェイクと調査を開始。カミングアウトし、市警を辞職したジェイクは、探偵の仕事を始めていたのだ。電話一本でジェイクが駆けつけてくれる事に、予期せぬ感情が揺さぶられるアドリアン。 かけがえのないお互いの存在を確信しながら、ふたりは半世紀前の謎に挑む――。

    続きを読む

    本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2016/02/18
    連載誌/レーベル
    モノクローム・ロマンス文庫
    • アドリアン・イングリッシュ 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      アドリアン・イングリッシュ 全 5 巻

      4,620円(税込)
      46pt獲得

    レビュー

    • 2014/09/18Posted by ブクログ

      シリーズはじめのほうは、ゲイばかりがでてくる魅惑のゲイミステリだわーと思いながらわくわく読んでいたのだけど、物語が進むにつれただウホウホしていた自分が恥ずかしくなりました。同じ性的志向を持つ者が出会い...

      続きを読む
    • 2013/12/23Posted by ブクログ

      深く優しく甘いのに残酷な、ゲイ文学独特な香りがありながらも、どこまでもエンターテイメントで、読む者をワクワクさせてくれ、更に楽しく切ない小説です。
      主人公のアドリアンが経験する世界は、ゲイでなければ経...

      続きを読む
    • 2014/08/13Posted by ブクログ

      何度も手をとめて、まさかまさかと成り行きを見守り・・・え~ん・・・。
      以下続刊!を待つしかない身の上で、もうもう、切な過ぎる~!!
      分厚くて物語としての読み応えは十分ですし、とても面白かったです。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード