戦争と人間 歴史が語る20の教訓

著:森本哲郎

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    21世紀を迎えた今日、戦争やテロの恐怖はますます増大している。人類発生以来、絶えることのなかった「争い」の歴史。数多の経験則を積み上げながら、人間はなぜ「戦争」を放棄する英知を持ち得ないのか。本書は、古今東西の歴史に“臨床例”を求め、戦争の根源的要因に解明のメスをふるった文明評論。ローマ帝国、スパルタ、カルタゴから始皇帝、モンゴル、インカ帝国まで、20の具体例をもとに戦争発生のメカニズムを読み解いていく。とりわけ本書の特徴は、各項ごとの論旨を明確に掲げたことにある。スパルタの巻では<教育>、十字軍の巻は<文化衝突>、ヒトラーの巻は<宣伝>……のように、戦争という“怪物”の様々な性格や要素が見事に因数分解されて提示されるのである。長年にわたり世界各地を旅し、実際に古戦場や帝国の遺跡にたたずみ、「戦争と人間」の問題を考察し続けてきた著者ならではの力作。著者撮影の貴重な写真も満載した好著である。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/04/10Posted by ブクログ

      @yonda4
      悲しいかな、戦争を根絶させることはできない。

      なぜなら、人間は過ちを繰り返してしまう生き物だから。

      馬、鉄、車、飛行機など発明される度に戦争の歴史を変えていった。
      本書にはそ...

      続きを読む
    • 2011/03/24Posted by ブクログ

      ギリシャ時代、中国、モンゴル、インカなど古今東西の戦争跡を旅しながら、なぜ人間は争うのかについて考察する。争いは人間の本能であり、各文明が拡大していく過程での避けられない衝突だったりする。
      だが、闘争...

      続きを読む

    セーフモード