プロ棋士の思考術 大局観と判断力

著:依田紀基

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    トップ囲碁棋士のなかでも、とくに優れた大局観をもつ著者が、プロとして勝ち続けるために必要な、ものの見方、考え方を明快に説く。布石、定石、手筋といった知識・技術の先にある囲碁の極意とは?幼少期から劣等生で、意志が弱く、誘惑に勝てなかった著者が、いかにして最強の囲碁棋士となったのか?「捨石の発想」「悪手が好手になるとき」「強さと弱さは同居する」「負けには理由が必ずある」――物事の本質を見抜く勝負師の言葉は、ビジネスにも人生にも通じる普遍性をもつ。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    11
    5
    2
    4
    2
    3
    5
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      著者が考えるプロが勝ち続ける8要素
      1.感動
      2.繰り返し
      3.根本から考える
      4.工夫を加える
      5.感謝
      6.健康
      7.根気
      8.虚仮の一念 一心不乱のこと。

      著者は天命があり生かされていると考え...

      続きを読む
    • 2013/02/19Posted by ブクログ

      依田さんは同い年ながら直接の接点は無い。しかし、友達の友達という事で昔から知ってる人のような感じだ。この本の題名は実は虚仮の一念が良かったのではないか。
      気力x体力x虚仮の一念=勝つ よく分かりません...

      続きを読む
    • 2012/11/30Posted by ブクログ

      囲碁のプロ棋士、依田 紀基さんの著作。これまで名人4期、碁聖6期などタイトル獲得多数。子供時代から成績優秀と思いきやずっと”頭が悪い”とコンプレックスを持っていたという。小学校でグングン碁の力が伸びて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード