遠野ものがたり

文:宗任雅子 絵:森田幸子

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今から100年以上昔、民族学者の柳田国男が遠野に伝わる民話を聞き書きして著した不朽の名作『遠野物語』。摩訶不思議な出来事が数多く起こったという北上山地に囲まれたその地には、かっぱ淵や曲がり家などお話に登場する場所が保存され、多くの人がいまも訪れています。しかし、『遠野物語』は、読み継がれているはずの名著にもかかわらず、題名は知っていても実際に読んだことがないという人が意外に多く、断片的には知っていても、お話として語れる人は少ないのではないでしょうか。そこで、本書は『遠野物語』の中から、「オシラサマ」「オクナイサマ」「ザシキワラシ」「マヨイガ」「大津波」……など7つのお話をとり出し、原作の意味を損ねないようにしながら新釈を加えてさし絵をつけ、世代を問わずにお楽しみいただけるモノクロ絵本に仕立てました。ゾクッとする<みちのく>の世界を、味わい深い方言とさし絵とともにどうぞ。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/10Posted by ブクログ

      2019/8/5


      遠野物語を小さい子にも読みやすいように簡略化
      それでも口語文体 少し古めかしく理解しづらいところもあるが・・
      伝承の魅力を知る。読みやすい伝文、民俗学の世界をまた読んでみたい

    • 2014/06/25Posted by ブクログ

      長い時間を越えて伝わる、口承という記憶の淵を
      ゆらゆらと漂うような遠野物語。

      簡潔で美しい文語体ではあるものの、
      読み解くのが難しい原書に比べて、
      物語として新釈された絵本の本書は
      子供でも読みやす...

      続きを読む

    セーフモード