思索の源泉としての鉄道

原武史

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東日本大震災で起きた日本の鉄道史上未曾有の事態……それから3年半、断たれた鉄路はどうなっているのか?なぜ「あまちゃん」にはJRが映らなかったのか?車窓に目をこらし、歴史に耳を澄ませ、日本を読み解く、唯一無二の“鉄”コラム集!(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/05/08Posted by ブクログ

      講談社のPR誌「本」に長期連載中のコラム「鉄道ひとつばなし」をまとめたものであります。すでに既刊で三冊出てゐますので、本来なら『鉄道ひとつばなし4』となるべきところですが、今回はタイトルが『思索の源泉...

      続きを読む
    • 2014/11/01Posted by ブクログ

      <目次>

      第1章  東日本大震災と鉄道
      第2章  天皇・皇后と鉄道
      第3章  沿線文化の起源
      第4章  断たれた鉄路を行く
      第5章  鉄道をめぐる記憶と文学
      第6章  乗客の横顔
      第7章  鉄道復...

      続きを読む
    • 2014/12/08Posted by ブクログ

      東海道本線を走る特急つばめ、はとが復活したらを仮定したストーリーをオモシロく読みました。大阪9時発、東京16時半着。長時間の乗車であるため、駅弁を買い込み、PCを備えた個室で仕事をし、目が疲れると車窓...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000335033","price":"825"}]

    セーフモード