山に登る前に読む本 運動生理学からみた科学的登山術

能勢博

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    たとえば、ある山に登ろう、と決心したとき、体力はどれくらい必要で、水と食料はどれくらい持って行けばいいのか。さらに、山の気温はどれくらいで、衣服はどれほど持って行けばいいのか。食料、水はどうか。これらを余分に持って行きたくなるが、荷物が重くなると登山どころではなくなってしまう。本書は、このような問いに答えるべく、登山というスポーツを環境・運動生理学の立場から科学的に解説したものである。(ブルーバックス・2014年8月刊)

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/30Posted by ブクログ

      面白い!山登りたくなる。
      とりあえず足細い私なので、インターバル速歩をやってみようかしらん。
      月曜からは歩いて職場に行こうと思う。

      前にためしてガッテンでこのインターバル速歩を取り上げていて,やっぱ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/01/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/09/04Posted by ブクログ

      持久力・体力の回復にはグリコーゲン、すなわち炭水化物の補給が重要。
      水分摂取はスポーツドリンク。
      塩分とブドウ糖が含まれるので、血液量の回復を促進し体温調節機能が維持される。
      アミノ酸飲料は主観的疲労...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000335032","price":"990"}]

    セーフモード