【最新刊】「イタリア」誕生の物語

「イタリア」誕生の物語

藤澤房俊

1,595円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一八世紀末、イタリア半島は小国の集合体だった。サルデーニャ王国、ジェノヴァ共和国、ヴェネツィア共和国、モデナ公国、パルマ公国、トスカーナ大公国、教会国家、ナポリ王国、ハプスブルク帝国領のミラノ公国……。フランス革命の風を受け、統一国家「イタリア」の実現を目指す「再興(リソルジメント)運動」の激しいうねり。大国フランスとオーストリアの狭間で、いかにして「想像の政治的共同体」は成立したのか?(講談社選書メチエ)

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2013/07/09Posted by ブクログ

      イタリア近代史の大家、藤澤房俊先生の一般読者向けの概説書。
      リソルジメントの流れが綺麗に整理されてるが、相変わらず「」ばかりで読みにくい(^^;;笑

      西ローマ帝国が滅びてたから、中央権力が不在になっ...

      続きを読む

    セーフモード