【最新刊】日銀、「出口」なし!

日銀、「出口」なし!

1冊

加藤出

660円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「2年で2%の物価上昇」を目標に始まった黒田・日銀の異次元緩和。2015年春の「期限」が近づくにつれ、目標達成を疑問視する声が強まっている。最悪のシナリオは、国債暴落→長期金利の急騰。見えない出口にもがく日銀を、No.1ウオッチャーが鋭く分析する。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/24

    レビュー

    3.4
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/07/02Posted by ブクログ

      日銀ウォッチャー加藤出による金融政策の解説。量的緩和自体に経済を刺激する効果はない、fiscal dominanceに陥ることを避けるべき、金融政策は時間稼ぎでしかなく、低金利に甘んじて構造改革が遅れ...

      続きを読む
    • 2016/02/20Posted by ブクログ

      ・現在の金融緩和はやめるにやめられない状況にある。
      ・将来は破滅?超インフレなど痛みを伴うことが予想されるがどうなってしまうかは著者も想定できていない。
      ・日本を立て直すには…というところはしっかりと...

      続きを読む
    • 2015/02/16Posted by ブクログ

      本来は増税で財政赤字を賄わなければならないところ、中央銀行のマネーで政府支出を拡大し、これを購っている。日銀の国債引き受けによる経済刺激策は時間稼ぎに過ぎない。いつかは終わらなければならないが、終わる...

      続きを読む
    開く

    セーフモード