真夜中のダリア

著者:鳴海章

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    深夜の新宿二丁目―同性愛者や不法滞在者の楽園でゲイバー経営者が惨殺された。二年前、接骨院のマッサージ師・仙道がこの街に流れ着いて依頼、<指切り魔>殺人が頻発している。襲われたのは仙道の顔見知りばかり……。六人目の犠牲者が出た時、バーのママ・トヨクニは娘の朱美のボディーガードを仙道に任せた。一方、仙道を犯人とみる刑事たちは事件のカギを握るフィリピン人を死体で発見する。そして朱美が姿を消した。巨大な暗黒に蠢く執拗なまでの暴力、疎外された者の彷徨する魂を濃密な筆致で綴る大叙事詩。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/10/04Posted by ブクログ

      本書を読み終わった時、しばらく感動で体が震えました。そのくらい私の琴線に触れたんです。

      この本が初めての鳴海氏作品でした。鳴海氏といえば冒険・スパイ小説の方で、ジェット機がでてきたり・・・とそういう...

      続きを読む
    • 2004/11/22Posted by ブクログ

      初・鳴海作品ですが、感動しました!久々に人にお薦めできる作品。この手の作品はちょっと苦手だった。この世にある暗黒の部分がリアリティすぎて目を向けたくなかったからだ。でも、この作品、新宿2丁目を中心にそ...

      続きを読む

    セーフモード