【最新刊】痩蛙

痩蛙

著者:鳴海章

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    4回戦ボクサー瀬田幸次。30歳になっても、仕事、女、ボクシングすべてさえない。だが、ボクシングを引退を決意した直後、職までも失ってしまう。彼の心に再び火をつけたのは行きずりで遊んだ中年女の愛だった……。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2016/03/01Posted by ブクログ

      サラリーマンをしつつプロボクサーをする幸治は、ある日行きずりの年増のホステスチエ子を抱いた。付きまとうチエ子を疎ましく思うが、仕事を失いボクシングも止め全てを見失った幸治に再びリングに戻る勇気をくれた...

      続きを読む
    • 2013/02/14Posted by ブクログ

      ボクシングと会社の二足の草鞋を履き、ごくごく普通に生きて来た三十歳の瀬田幸次。一度はボクシングに挫折するが、ある事をきっかけに己れの内なる暴力性に目覚め…

      ピカレスク物かと思いきや、ひた向きな男の挫...

      続きを読む
    • 2020/01/29Posted by ブクログ

      おなじ作者でも「悪玉」よりずっと面白い/ いまいち突き抜けられないサラリーマンボクサーの挫折と復活/ 終盤のスパー描写はしつこく、読むのはしんどいが全体的に鬱屈した人生を解放するさわやかさがある/ 最...

      続きを読む

    セーフモード