流星の人

著者:銀色夏生

594円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【写真詩集】流星の人よ、こんにちは。私はこれからあなただけにわかる言葉で話します。美しいもの、はかないもの、愛しいものを見つめる、詩人の目。散文と写真で構成されたハートフルな一冊。

    続きを読む

    レビュー

    4
    6
    5
    2
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/14Posted by ブクログ

      学生時代に買っていた本。
      久々に読んでみた。

      この人の本は写真がとてもきれいでそこに淡々とでも心に響く文章がうまく置いてあるから、なんとなく好き。

    • 2012/04/22Posted by ブクログ

      流星の人じみた笑い顔の人って私のことかな、とギクリとした。

      詩のような、手紙のような、独白のような。
      やはり、銀色夏生さんの「切りぬかれた」言葉と写真は、どこか冷たく突き放すようで、やさしく頼りなく...

      続きを読む
    • 2010/06/19Posted by ブクログ

      銀色さんの本を初めてこの作品で読み、また銀色さんの本の中で一番好きかもしれない本です。
      それぞれの詩集やエッセイも、はっとしながら、わくわくしながら読ませて頂いていますが、「流星の人」の中にある物の見...

      続きを読む
    開く

    セーフモード