世界でいちばん淋しい遊園地

著者:西田俊也

638円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『当遊園地はまもなく78年の歴史に幕を下ろします』初デートのほろ苦い記憶も、家族の愛しい光景も、懐かしい瞬間をすべて閉じ込めたまま。閉園間近の遊園地を舞台にラブヒスの西田俊也が描く感動の物語。

    続きを読む

    レビュー

    2.2
    4
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/03/26Posted by ブクログ

      てぃーぬオススメ本
      もうすぐ閉鎖する遊園地を舞台にさまざまな人たちのお話。
      しみじみとても染みるお話と、若干わかりづらかったお話あり。
      あとがきにしんみりしたかな。

    • 2013/02/24Posted by ブクログ

      共通の思い出があるのって素晴らしいです。いつかまたあそこへ行こう。そういう約束ができるような気がします。自分の大切な場所、思い入れのある場所がなくなってしまう。いつもは行かないけれど、存在しているだけ...

      続きを読む
    • 2012/10/10Posted by ブクログ

      ラブヒストリーに心酔した時期があったこと、地元の遊園地も関連してたらしいことから、借りてみたが、今は読む時では無かったらしい。なんだか奇跡過ぎてまぶしすぎた。二つで断念してしまった。

    開く

    セーフモード