さいはての二人

著者:鷺沢萠

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたはあたし、あたしは、あなた。どこにでもいそうな中年男と、日本人離れしている容貌の二十六歳の女。寄り添い、抱き合い、慈しみあい、二人はごく自然に求めあっていった――。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    26
    5
    6
    4
    12
    3
    8
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2010/10/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2006/01/15Posted by ブクログ

      3本の短編で構成される短編集。
      最初の『さいはての二人』がかなりよかったです。
      愛しあうことを描くことと、差別の問題を提起することは別の問題だって
      ことを感じ取れる作品だった。
      「愛さえあれば何でも乗...

      続きを読む
    • 2009/06/20Posted by ブクログ

      「動物の仔のように身を寄せ合って眠る・・・」
      「このひとはあたしだ」

      この二つのフレーズが頭から離れない。


      ろうそくの光のようなゆらゆらとした語り口が心地よく、また、どこか心許ない。

      愛するも...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000334672","price":"440"}]

    セーフモード