キノの旅XIII the Beautiful World

著者:時雨沢恵一 イラスト:黒星紅白

627円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「何だ?」キノが『フルート』を構えてスコープを覗いて、今いる丘の上から地平線を見下ろします。しばらくして、ようやくそれが何か分かりました。大量の土煙を生み出していたのは、大地を埋め尽くすような大型動物の大群でした。大きく太い体と頑丈そうな四肢を持つ、鈍い灰色をした草食動物です。「この辺に住むサイの一種、だね。水が欲しくて集団で移動中なんだよ」エルメスが言いました。灰色のサイの群は、何千頭、または何万頭いるのか分かりませんが、濁流のような密集度と勢いで大地を進んできます。その進む先には――「あ……」『フルート』を向けたキノが、声を漏らしました。(「この世界の話・b」)他全11話収録。

    続きを読む
    • キノの旅 全 22 巻

      未購入巻をまとめて購入

      キノの旅 全 22 巻

      13,376円(税込)
      133pt獲得

    レビュー

    3.7
    65
    5
    11
    4
    28
    3
    25
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/03Posted by ブクログ

      「なるほど。ーでも、すぐに国を出た師匠は、そうなったのか確かめることもできず、得をすることもないですよね?」
      「そうですね。でも""そうなったらいいな""と思ってしたことですから、それでいいんですよ」...

      続きを読む
    • 2019/01/02Posted by ブクログ

      第四話「旅人の国」は、外国で医者として人びとを救い死んでいった男の故郷を、シズ様たちが訪れる話。個人的には、安心して読めるものが多いこともあって、シズ様一行の旅が気に入っています。師匠と相棒の旅にも、...

      続きを読む
    • 2017/10/28Posted by ブクログ

      表紙が変わっている?

      『人は、他人の残酷さにはよく気づく。』

      面白かったのは、「嫌いな国」、「昔の話」。
      師匠とハンサムだけの少し背の低い男の話は、いつも意外な落ちで終わるのでとても好きだ。
      今回...

      続きを読む
    開く

    セーフモード