【最新刊】キノの旅XXII the Beautiful World

キノの旅

22冊

著者:時雨沢恵一 イラスト:黒星紅白

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    キノとエルメスは誰もいない街を走り――そして、国の南側で、一つのドームを見つけた。「よし、行ってみよう」そのドームへ続く道へとエルメスを傾けた。薄暗いドームの中には、平らな石の床が広がっていた。その上に、無造作に散らばっているのは、多種多様な白い骨。薄暗闇の中で、骨はまるで、ちりばめた宝石のように光っていた。「なるほど……」「一つ謎が解けたね」キノは、滅多に点灯させないエルメスのヘッドライトをつけた。ドームの床を、真っ直ぐな灯りが走った。「いくよ」「あいよ」(「餌の国」)他全11話収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/10
    連載誌/レーベル
    電撃文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    3.8
    420
    5
    99
    4
    178
    3
    136
    2
    7
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      「誰もが幸せになれる方法はない。誰にも幸せになれた方法はある。」幸せになれる、ではなく、なれた、なのがなんともリアル。今回も陸とシズ様の出会い等過去の話も新作も織り交ぜて大満足。祝20年!

    • 2019/08/11Posted by ブクログ

      「川の畔で・b」
      突然目の前で跳ねたのは。
      集中していた時に突然この光景に出会ったら、普通にその場に居合わせたとしても驚くだろうな。

      「知らない話」
      突如空に現れた光のベール。
      彼がここまで狼狽える...

      続きを読む
    • 2019/08/09Posted by ブクログ

      シズと陸の話が良かった。なぜ喋りかは結局謎。
      エルメス…というかモトラドも謎。テセウスの船をやっても意識は続くっぽくて理解の範疇を越えている。

    開く

    セーフモード