眼鏡屋は消えた

著:山田彩人

804円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    部室で目覚めると、8年間の記憶が失われ高校時代に逆戻り。あたしを先生と呼ぶ生徒のおかげで、母校で教師をしているらしいことは分かった。しかも親友の実綺は高2の文化祭直前に亡くなっているなんて――。二人で演劇部として『眼鏡屋は消えた』を上演させるべく盛り上がっていたのに何が原因で?今年の文化祭で念願の『眼鏡屋は消えた』を実演させるため、あたしは事件の真相を探ることを頼んだ。もっとも苦手とする、イケメンの同級生・戸川涼介に。青春時代の甘く切ない事件を、ハイテンションの筆致で綴る、第21回鮎川哲也賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/02/24Posted by ブクログ

      例によって表紙買い。この作者の小説は初めて読みましたが面白かったです! こんな風に、理屈で進めていくものは読んでいて爽快感があり、こういうの好きだなあと再確認。もう一人探偵役がいて、主人公がおもに動き...

      続きを読む
    • 2019/01/02Posted by ブクログ

      「論理的な謎解きの過程の面白さ」が感じられる小説。
      揃った情報から論理的に考えられるかが勝負!おもしろい作品でした。

    • 2014/10/19Posted by ブクログ

      記憶障害に伴って、主人公の時間が高校時代から8年間飛んだ形になっているので、どこか北村薫の「スキップ」を彷彿させるテーマです。ただし、こちらの小説の主人公はやたらにテンションが高いです。文章が一人称で...

      続きを読む
    開く

    セーフモード