モーツァルト 名作曲楽譜シリーズ3 ピアノソナタ 第7番~第9番 K.309/K.311/K.310

モーツァルト

378円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

購入へ進む

カゴに追加

モーツァルトのピアノ・ソナタは18曲すべてが3楽章形式で書かれていることが特徴。そして3つの楽章の配置を見ると、少数の例外もあるが、その基本は、ソナタ形式で書かれた速い第1楽章、緩やかな第2楽章、ソナタ・ロンド形式で書かれた速い第3楽章、というスタイルとなっている。このような形式に則りながら、多様な個性を放っていることがモーツァルトのピアノ・ソナタの魅力なのだ。第7番から第9番は、マンハイムで2曲が、パリで1曲がつくられている。パリで作曲されたイ短調KV310のソナタは、かなりユニークな作風で、謎に包まれた作品とえる。ちなみに以前はK.310が第8番、K.311が第9番となっていたが、現在ではK.311が第8番でK.310が第9番と順番が逆になっている。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード