良妻賢母の誕生

著:清永孝

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「良妻賢母」が女性の理想像とされたのは大正デモクラシーからだった。近代化へ向けてそれがいかにつくられ、受けとめられたのか、豊富な資料から明らかにする。

    続きを読む

    レビュー

    2
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2016/02/01Posted by ブクログ

      例の「良妻賢母像は歴史的に作られたものに過ぎない」という論考で、仏教儒教道徳の中での女性像が語られるかと思いきや、近代の新聞に載った人生相談を紹介していくという、ベタベタな企画。老後の趣味を読まされる...

      続きを読む
    • 2012/12/22Posted by ブクログ

      大正10年代後半のマスメディアから良妻賢母関係の言説を拾ってきて並べた一冊。誕生ではなくてその頃の良妻賢母主義の一面を捉えたという感じ。

    セーフモード