群衆――モンスターの誕生

著:今村仁司

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    群衆とは何か。近代資本主義の誕生とともに、歴史と社会の表舞台に主役として登場してきた群衆。二十世紀のナチズムもスターリニズムも群衆社会がつくりだした全体主義の脅威であったことは記憶にあたらしい。一体われわれは、激流のような群衆化傾向に対して抵抗できるのだろうか。ポー、ボードレールやニーチェ、メアリー・シェリーらの群衆への驚き、カネッティやモスコヴィッシの群衆分析、トクヴィルの民主主義論、ルボン、タルド、フロイトらの心理学的考察など、さまざまな視点からその怪物的性格を明らかにし、現代人の存在のあり方を根源から鋭く問う群衆社会批判。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/29Posted by ブクログ

      近代以降「群衆」が思想的な問題となった経緯と理由について論じている本です。

      著者は、近代資本主義が市民社会の理念をも飲み込んでいくことで、寄る辺のないまま個人として投げ出されてしまった人びとが「群衆...

      続きを読む
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      「群衆-モンスターの誕生」今村仁司著、ちくま新書、1996.01.20
      202p¥680C0210(2019.04.25読了)(2015.01.16購入)

      【目次】
      プロローグ 群衆への問い
      第1部...

      続きを読む
    • 2013/05/12Posted by ブクログ

      大衆批判本。

      2部構成。

      第1部は群衆のの理論的考察から始っており,
      少々(?)難解です。

      第2部から読み,群衆の具体的イメージを作ってから,
      第1部を読むとよい――あとがきにも,そのように書か...

      続きを読む
    開く

    セーフモード