なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか? ―情報漏洩、知財権の徹底防衛、外国法対策が日本の生命線だ!

著:泉谷渉

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    なぜ技術を誇る日本企業が海外の知財権訴訟で勝てないのか?国際的な知財権訴訟で苦戦を続ける日本企業の訴訟支援体制の問題点を分析し、対策を解説する初の知財権対策本。日本の名だたるグローバル企業でさえあまり知られていない、訴訟大国アメリカの訴訟業界のしくみと実態も紹介。製造業関連の技術系幹部&法務担当者必読の本。【主な内容】序章知的財産権を守らなくては、日本企業に発展はない!!1章知財防衛体制を整え、国際訴訟を勝ち抜く2章アメリカの法律になすすべもなく裁かれる日本企業3章米国独特の訴訟手続き「ディスカバリ」の重要性4章「だれにでも不正の可能性がある」がフォレンジックの基本哲学5章情報漏洩を巡る様々な戦いが始まっている6章「人間はいつも何かを隠している。しかし証拠は語る」7章今こそ専門のディスカバリベンダーが日本企業に必要だ8章将来を予測するテクノロジーの時代はすぐそこ9章「年率15%成長のディスカバリ分野での地位確立と、人工知能技術の応用を目指す」終章「暗黙知」という日本人の知恵を今こそ活かしたい

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      全体的に文章に冗長な感がぬぐえない。また、著者個人のどうでもいいヨタ話があちこちにあり、本の質を下げてしまった(減点1)。内容に注力した本にしてほしかった。

      <目次>
      序章 知的財産権を守らなくては...

      続きを読む
    • 2014/12/03Posted by ブクログ

      国際的知的財産権侵害訴訟の勝敗は、日本と欧米の訴訟プロセスの違い、そのプロセスに対応するためのシステムが構築されているか否かが、大きく影響している。
      既にそのシステムが構築されている欧米において、その...

      続きを読む

    セーフモード